仙台バプテスト神学校では、2024年度前期・通年(4月開始)に以下の講座を開催します。

 【神学生・教会リーダー対象】【クリスチャン一般対象】に分かれ、【クリスチャン一般対象】は、クリスチャンであればどなたでも受講いただけます。

 ぜひリーダー育成・クリスチャン建て上げ・教会建て上げの一助としてご検討ください。

 オンライン対応の講座もありますので、遠方からの受講も可能です。

 なお、いずれの講座も受講にあたり、所属教会の牧師(または教会の代表者・責任者)の承認と、期限までの事前申込が必要です。ご注意ください。

神学生・教会リーダー対象講座

「情緒的に健康な教会をめざして」情緒の回復と関係性における成熟

【担当】鈴木茂(当校教師、仙台聖書バプテスト教会牧師)
このクラスでは、キリストにある全人的な癒し、回復、人格の 再形成について学びます。 ダラス・ウィラード博士(クリスチャン哲学者であり、福音によ る人格や関係性の形成について深く取り組まれた学者)は、心 の構造と回復のプロセスと実践をクリスチャンは大切にしなけ ればならない、と言明しました。特に情緒の全人と言動に及ぼ す影響は大きいがゆえに、情緒的に健全になることは、すべて のクリスチャン(教会)にとって重要課題です。

「進化の検証」 聖書の創造論Ⅲ前編

【担当】高橋清(当校教師)
日本の公共教育では、進化論(無神論、唯物論、人間中心主義)教育が主体となっており、聖書の創造論の視点からの情報は皆無に等しい状況です。ここでは公共教育で教えられる教科書において、進化の証拠として挙げられている証拠についてひとつひとつ検証する予定です。
6回の内容は次の通り。1.教科書の進化の証拠の検証。2.生命の起源。3.種類に従って。4.人体の不思議。5.ジャンクDNA orトレジャーDNA。6.ヒューマニズムの価値観

「21世紀のキリスト教入門」一つの教会の豊かな信仰

【担当】栗田義裕(当校教師、塩釜聖書バプテスト教会開拓担当牧師)
キューバ生まれの世界的に著名な神学者フスト・ゴンザレスの「21世紀のキリスト教入門」(2022年教文館刊)を読みます。内容は使徒信条を平易に、でも深く、かつ実際の信仰生活に即して解説したもので、「神学なんて無味乾燥で机上の空論に過ぎない」というイメージを打ち破る画期的なテキストです。二千年の歴史を経て私たちが受け継いでいる「一つの教会の豊かな信仰」を共に味わいましょう。

「心の健康と人間関係の境界線」本来の人間性と独自性の回復

【担当】鈴木茂(当校教師、仙台聖書バプテスト教会牧師)
人としての健康とは、肉体的なことだけではなく、関係性に おける健全さが含まれています。あるクリスチャンの心理学の 研究者は、人は関係の中に生きる者として造られているがゆ えに、より健康的な人になるためには、健全な関係を共に意識 的に築き上げるための知識、知恵、取り組みが必要です。この クラスでは、魂がより健康になるために必要な境界線や情緒 の癒しと回復に関する取り組みをします。必要な知識と実践的 知恵を共有します。

「神のかたちの回復とその恵み」本来の人と自分を取り戻す福音

【担当】鈴木茂(当校教師、仙台聖書バプテスト教会牧師)
救いの決定的な土台と根拠は、救いとなられたキリストとの 聖霊による結合です。 キリストとの結合により、私たちはキリストのうちに子として 招き入れられ、また同時に キリストも(三位一体の神)も私たちのうちに内住されます。 この永遠の結合により、私たちの本来の神のかたちが漸進的 に回復し、同時に一人一人の独自性(その人らしさ)が贖われ ていきます。神のかたちと独自性の回復についてこのクラスで は取り扱います。

「神が教える怒りの管理と心の健康」

【担当】鈴木茂(当校教師、仙台聖書バプテスト教会牧師)
怒りという感情は、神からの尊い賜物です。しかし、怒り程 神の手を離れて、サタンや自らの罪によって利用されると家族 や人との関係において破壊をもたらす感情は他にありませ ん。私たちは怒りとの接し方を知らないがゆえに、怒りに対し て間違った対処法を身に着けてきました。抑圧と発散です。い ずれにしても破壊をもたらします。神は怒りという本来は大切 な感情に対してどのように向き合い、また賢明に管理すべきな のかを聖書を通して教えてくださっています。このクラスで は、怒りの本来の目的や、抑圧の結果破壊的になっている感 情をどのように管理できるのか、ということについて学びま す。ともに取り組み続けておられる方々は、怒りによって失わ れていた喜びを体験できるように変えられていきます。(証の 声)。

PDF版 講座案内

神学生・教会リーダー対象講座 申込フォーム

    クリスチャン一般対象講座 申込フォーム